大手3サービスのキャッシングを比較すると

プロミス
200*200
三菱東京UFJ銀行カードローン
みずほ銀行
来店
不要
WEB完結
最短30分審査回答
WEB完結
最短30分審査回答
WEB完結
コンビニ
出金
提携ATMでOK 提携ATMでOK 提携ATMでOK
土日祝日
出金
※1
実質
年利
4.5%~17.8% 4.6%~14.6% 4.0%~14.0%
専業主婦
借入
専業主婦
限度額
30万円まで
無利息
期間
30日間あり※2
特徴 ・即日の借入も可能
・無利息期間あり※2

・口座不要で可能
・ATM手数料0円

・専業主婦借入OK
・銀行カードローン

※1土曜日・・・0時00分~22時00分 *(ご返済のみ9時00分~17時00分)日曜日・・・時00分~24時00分(ご返済のみ9時00分~17時00分)※2メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。詳しくはプロミス公式HPをご確認ください。

キャッシング 審査【ネット完結できるカードローンはこちら】


オススメの案件の理由は200文字以上でまとめてください。
















キャッシング 審査【ネット完結できるカードローンはこちら】

サービス名 実質年利 限度額 審査時間 詳細
みずほ銀行
4.0%~14.0% 1,000万円 最短即日審査
アコム
アコム
4.7%~18.0% 500万円 最短30分
アイフル
4.5%~18.0% 500万円 最短30分
モビット
120x60_夏菜さん_LOOP
4.8%~18.0% 500万円 最短10秒で審査結果が判明
プロミス
120 × 60
4.5%~17.8% 500万円 最短30分
オリックス
銀行
オリックス銀行カードローン
3.0%~17.8% 800万円 最短即日審査




私は20歳の頃キャッシング 審査をして通り融資してもらった事があります。総額は50万くらいなんだけどまだ返済終わってません。最初は借りた分返してればいいやって軽い気持ちだったんdなけど当然利息というものがつきますからね。若かったんです。一応働きだしたばかりですが何とか返済出来てたんだけどOLと言っても結構付き合いがあるんです。たまには断りますが断ってばかりいると仲間外れにされそうだし飲みに行きたいなって思っても誰も付き合ってくれなくなりそうで怖かったんですよね。キャッシング 審査通ってるからと安心して借りまくって気が付いたら50万になってました。今は頑張って返済してだいぶ減りましたがまだ少しかかります。返済額を増やせば早くなるんだろうけど生活費に支障が出てきますからなるべくぎりぎりの返済額にしています。借金で苦労してるはずなのにキャッシング 審査するんだって言ってる同僚にアドバイスというか忠告さえ出来ません。借りすぎには注意してねなんて余計なお世話ですって言われそうだしね。言われなくても分かってるでしょう・・・キャッシングでお金を借りようとする場合には必ず審査を受けなくてはなりません。ここでは利用を申し込んだ消費者の様々な情報が確認され、その中で問題が無いと判断されたのであれば、晴れてお金を借りられるということになるのです。しかしながら、これから初めてキャッシングを利用するというような人にとって見れば、審査と言われても何をチェックされるのかがわからないということも多いでしょう。ではキャッシングの審査においてはどういったことがチェックの対象になるのかというと、これは本当にさまざまなことが対象になります。ですがこれから初めて利用するというのであれば、まず注意をしたいのが雇用形態に関してです。現代で働くというような場合、その雇用形態にはさまざまな形態が考えられます。公務員、正社員、契約社員、アルバイト、パート、自営業、フリーランスなどが主になりますが、これは後に述べたものほど信用度が低いというように扱われます。国に雇われる公務員は特別な事情が無ければ解雇をされることがありませんし、正社員に関しても早々解雇されることはありません。ですがこれが契約社員、アルバイト、パートなどになると解雇をされるリスクが多少なりとも上昇し、自営業やフリーランスになると収入を保証してくれる存在はいません。キャッシングにおいて最も危険視されるのは「収入が不安定な人」ですから、自営業やフリーランスのように、毎月の収入が変動することが多い人はお金を借りづらくなってしまうのです。そのためこうした危険視されやすい人であれば、事前に心構えをしておくことが必要となります。さて、次に注意をしたいのが収入額と支出のバランスです。キャッシングを利用するにあたってはほとんどの場合、希望限度額を伝えることになります。希望限度額とはつまりいくらまでお金を借りたいのかということですが、この金額が高いということはそれだけでリスクになります。収入が1億円ある人が100万円を借りたいと言っても問題は無いでしょうが、収入が100万円の人が100万円を借りたいとなると問題になってきます。後者の場合は明らかに収支のバランスが悪いということになりますから、特別な事情が無い限り、希望する限度額は低めにしておくのが無難です。またこれらの他にもよくチェックされるポイントとなるのが他の銀行などからの借り入れの状況や、これまでの金融機関の利用履歴ですが、これまで借金をしたことがなく、返済の滞納や債務整理をしたことがないというのであればここは問題にならないでしょう。審査は回避できないものですから、情報をしっかり伝えて正々堂々受けるようにしてください。

このページの先頭へ